BLOG

ホーム > BLOG > 設備

浅川の家A 現場の様子

今回浅川の家Aの浴室はパスコート付の造作風呂で現在工事の真っ只中です。

 

DSC_00308(200).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 アイエスの手掛ける造作風呂は真冬でも暖かく使用できるように計画されており

こちらの建物の完成内覧会は寒い時期になりそうですのでその辺の詳細は

ご来場頂いた皆様には是非ご案内差し上げたいと考えております。

 

仕上がりが楽しみな工事の一つでもあります。

太陽光発電について その2

ご存知の方も多いと思いますが長野県は太陽光発電を設置するにはベストの地域であり

同じ面積当たりの発電量は長野市の場合、全国平均の113%です。(過去10年間の実績)

 

  img_map.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (図は三洋電機株式会社様より抜粋)

 

一世帯当たりの年間総消費電力量は5,650kWh/年なので(※1)、図の4.6kWシステムを

設置すれば、松本では全てを太陽光発電でまかなえる計算になります。(※2)

 

※1. 太陽光発電協会試算(表示に関する業界自主ルール(平成22年度))

※2. 太陽電池を水平に対して30度傾け、真南に向けて設置した場合の松本市での計算例

 

太陽光発電の設置を計画する上で、長野で設置するメリットは大きいと思います。

太陽光発電について

アイエスでは新築時に太陽光発電を設置するケースが飛躍的に高まっており

太陽光発電について様々な話題がお打ち合わせの中でも出てきます。

 

その中でもやはりダントツに多いのが

『元が取れますか?』という質問です。

 

結論は

『7~8年で元が取れるケースが多いです。』

(今年度の状況及びアイエスでの費用からの算出ですので、一般論ではありません。)

 

そう言えば、意外と知られていないのですが11年目以降の売電単価は決まっておらず

そもそも電気を買ってくれるかすら決まってはいないので10年以内にしっかりプラスに

持って行ける計画がとても重要になると考えております。

(まあ、11年目以降も作った電気を捨てるような制度にはならないと思いますが・・・)

 

10~15年後にはパワコン交換による出費なども考えておく必要があるのでなおさらだと思います。

 

太陽光についてはまだまだ色んな話題がありますので折を見てまた書きます。

太陽光発電の設置方法

TA3邸の太陽光発電の補助金が受理されたのを受けて設置工事がありました。

 

P1000795.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

補助金復活と売電単価UPの絡みで今年全国的に設置件数が増えておりますが

意外と設置後のクレームの多い工事項目でもあります。

 

思った程発電しないというクレームも多いそうですが単なる思い込みではなく

突然発電量が落ちるというケースもあり、その原因も様々です。

 

でもそれ以上に屋根から漏水するというクレームが多いという資料が発表されており

その原因の多くは施工不良だそうです。

ただきちんと施工されていても屋根に穴をあける方法だと将来的には不安がありますので

アイエスでは屋根に穴を一切あけない施工方法を行っております。

 

太陽光発電の設置を考えている方は設置方法は必ず確認することが大切です。

経済産業省太陽光発電電力48円で買い取り

経済産業省は7月9日、総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の

『買い取り制度小委員会』の初会合を開いた。家庭などが太陽光パネルで

発電した余剰電力を、電力会社が現在の約2倍の価格で買い取る新制度について、

買い取り価格を制度開始時は1キロワット時48円、期間を10年とする方針を示した。

 

余剰電力の買い取りは、すでに民間同士の取引として存在しており、現在の価格は24円程度。

これを2倍の48円にして太陽光発電を導入するインセンティブを高める。

買い取り価格は除々に下げ、3~5年で24円に戻る。買い取り期間を10年とする。

 

 

・・・つまり、今のうちに設置しておけば48円で買い取り、設置コストが下がるにつれて

買い取り価格も下げますよ。という事ですので、

一見、いつ設置しても同じように感じますが、アイエスで設置した場合、

7~8年で元が取れるので、残り2~3年の買い取り価格が高くなる今のうちがお勧めのようです。

 

もっと言えば、48円で買い取って貰える期限のギリギリのタイミングで設置すれば

設置費用が少しでも安くなる・・・・・・・・・・・・かも知れません。。。

 

おまけとして、今年中にサンヨーからさらに発電効率の高いモジュールが発売される予定

なので、そのタイミングに設置するのも一考かと思われます。

 

もう一つおまけで、経産省の方がもしかしたら年内に制度がスタートするかも・・・

とおっしゃっていたので、前倒しの可能性もありそうです。

Page 1 of 2 1  2 »