BLOG

ホーム > BLOG > 設計・デザイン

良い間取りとは?

そこに暮らすご家族全員が幸せに暮らせる器=良い間取り だと考えています。

だから答えは数学のようには一つでは無いので難しくもあり楽しくもあります。

先日基本設計をしたお住まいはになりました。

007.JPG







決して奇をてらった訳ではなく、クライアントのこれからの暮らしを考えて合理的な設計を心掛けた結果、見事に三角形になりました。
今後計画が進めばになったりになったりするかも知れません。
数学じゃないので幸せに暮らせる器になればそれで良いと考えています。

らせん階段搬入

本日、『延徳の家A』のらせん階段の搬入作業を行いました。

 

image5(200).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場からの出荷の都合で建方後に屋根上からクレーンで吊り込んでの作業となりました。

 

image10(200).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人の皆さんのお蔭で計画通り無事に設置完了しました。

今回のらせん階段には通常と異なるこだわりがあります。

6月頃に完成内覧会を予定しておりますので答えが気になる方はぜひ内覧会にお越し下さい。

スタディ模型で検討中。

現在進行中のプロジェクトをスタディ模型で検討中。

 

005(250).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地内の約3Mの高低差を生かしながら別荘としての要素を盛り込みつつ・・・

たくさん悩んでおりますがこれも設計冥利に尽きると言えます。

『粟佐の家A』模型

模型があると格段にイメージしやすくなりますが

『粟佐の家A』のような複雑なスキップ構造だと尚更です。

 

CIMG9618(200).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG9620(200).jpg

長野で一番暖かい家プロジェクト 基礎工事②

新工法では基礎スラブ下全面に厚く断熱材を敷設します。

床下から地中への熱の貫流が低減され、床下エアコンの電気代を安くする為の工夫の一つになります。

 

DSC_0141(250).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 大きなプールのような佇まいです。

 

配筋を組んだ様子です。

 

DSC_0147(250).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

地中梁となる配筋部分がよく分かります。

コラムベース式とする事で床下の空気の流れがよりスムーズになり、温度ムラを少なくすると共に床下の結露を防ぐ事にもつながります。

Page 1 of 5 1  2  3  4  5 »