性能にこだわる

アイエスデザインの現在の目標は「パッシブハウス」

現在、建築業界には様々な構造や工法がありそのどれもが自社の優位性をうたっており、お客さまにとって何が本当なのか非常に判断しにくい所ではないかと思います。そこから自分たちに最も適した工法を選択すること自体奇跡だと思います。こんな玉石混在の日本の住宅業界を変えていきたいという想いが、実はアイエスデザイン設立の原動力でもあり、私たちの最も得意な分野でもあります。

私たちの現在の目標はパッシブハウスですが最新の技術とイニシャルコスト・ランニングコストやメンテナンスコストなどのトータルコストバランスで最善のご提案を行っております。現状はQ値=1.0前後の住宅がトータルバランスに優れ、地球環境に対する見地からすればQ値=0.6~0.7程度のパッシブハウスを目指すべきだと考えております。

これから家づくりを検討するなら単に個人所有の家を建てるという考えではなく、子どもたちの未来のため・地球環境との共存という考えをぜひ頭の片隅にでもおいて頂けたら、結果的に住まう方にとっても幸せな家になると確信します。

パッシブハウスとは

北欧で普及している気密・断熱の性能が非常に高くほとんど個別暖房が不要となる高性能住宅のことで、住宅性能のみならず家電製品についても目標を定めており、これから未来における人と地球環境との共生できる家づくりの大切な指標であるといえます。
ドイツのパッシブハウス研究所(PHI)にパッシブハウスの条件も公開されていますが、日本でその条件をクリアするにはまだ多くの課題もあります。私たちは、パッシブハウスレベルの住宅を一棟でも多く生み出すことと、トータルコストでも割高にならないよう様々な面での検討や工夫・取り組みを続けております。
その為にも、私たちの考えに少しでも共感いただけるお客様との出会いを大切にしていきたいと考えておりますので、ご興味やご質問・ご意見等がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

私たちは進化します。私たちと一緒に家づくりに対する意識を進化させませんか?

パッシブハウスの条件

床・壁・天井の
断熱性能
0.15W/m2とする
開口部 南側に大きく、他は小さくする。同時に、太陽熱の遮光にも配慮が必要。
熱貫流率:K値0.8W/m2K以下
換気 熱回収率80%以上
ヒートポンプ 太陽熱温水器やヒートポンプで給湯

など